地域の防災訓練の内容に困ったら|おすすめのアイデアを紹介!

防災訓練のアイデア
ニッカ

こんど自治会で防災訓練するんだけど、
何をしたらよいかわからないよぉ

ユズ先生

色々あるので紹介しますね

地域で行う防災訓練で、どんなことをしたら良いか悩みますよね。
訓練と言っても、参加者に「楽しかった」とか「ためになった」と思ってもらえるような内容でないと、参加してもらえません。

この記事では、防災訓練におすすめな内容のアイデアを紹介します!

この記事でわかること
  1. 水消火器、バケツリレー、起震車など屋外で行える訓練を紹介
  2. 心肺蘇生法、三角巾を使った怪我の手当など室内で行える訓練を紹介
  3. 楽しみながらできる訓練を紹介
  4. ゲームや教材を紹介
目次

屋外で行う防災訓練

起震車体験
ユズ先生

まずは屋外でできる訓練を紹介しますね

水消火器訓練

STEP
概要

水消火器は粉末消火器と違い、水を補充するだけで繰り返し使用することができる訓練用の消火器です。
操作方法は実際の消火器と同じで、消火器の取り扱い方と手順を訓練することができます。

的を工夫することにより、子供と一緒に楽しみながら訓練することができます。
◆ 少量の水を入れたペットボトルをボーリングのピンに見立てて、水消火器で倒す。
◆ ボールを的にして狙って落とす。

STEP
準備するもの
  • 訓練用水消火器 人数に合わせて10本~30本
  • 水消火器用の的 3個~5個
  • 消火器カットモデル 1個(あれば)
STEP
進め方
  1. 事前準備
    水消火器の準備 水消火器に水道から水を補充しておきます。
  2. 事前説明
    消火器の中身が見えるように作られたカットモデルがあれば、消火器の構造や使用方法、消火器の種類などを説明します。
  3. 訓練実施
    参加者が順番に消火訓練をします。
STEP

周囲に大声で火災が起きていることを知らせます。

STEP

消火器を持って届く範囲まで火元に近づきます。

STEP

上にある安全ピンを引き抜いて、ホースをはずし火元に向けます。

STEP

ぐっとレバーを握って水を(ほうきで掃くように)噴射します。

指をレバーで挟まないように気を付けましょう。

訓練を終えたら・・・
家庭の消火器がどこにあるか、消火器のタイプは何か確認してもらうようにしましょう。

実際の火事では、自分の身長より炎が燃え上がってしまったら、無理をして初期消火はせず、速やかに避難して「119番」通報をするようにしましょう。

粉末消火器による消火訓練

STEP
概要

粉末消火器を使用して実際の火を消火します。

実際に火をおこして消火するため危険を伴うので、必ず消防署に事前に相談し、消防職員立ち合いの上、行うようにしましょう。

STEP
準備するもの
  • 粉末消火器 5~6本
  • オイルパン 1つ
  • 灯油 2リットル
  • ガソリン 1リットル
  • 水 オイルパンの底から2~3センチの量
  • 着火用ライター 1個
  • キッチンペーパー 1巻
  • 火ばさみ(トング) 1個
  • 消火器のカットモデル 1個(あれば) 
STEP
進め方
  1. 事前準備
    ・消火器を必要本数用意します
    ・訓練時に粉末が広範囲に飛散するので、周辺の住宅へ事前にお知らせをしておきましょう。
    ・オイルパンの焦げ付き防止のため、底に2~3センチの水を張ります。
    ・水の上に灯油を100ccほど入れます。
    ・着火直前に少しだけガソリンを入れます。
  2. 事前説明
    ・消火器の中身が見えるように作られたカットモデルがあれば、消火器の構造や使用方法、消火器の種類などを説明します。
    ・初期消火の手順を説明します。
  3. 訓練実施
    ・順番に消火訓練を行います。
    ・消火剤がオイルパンに溜まると着火しにくくなるので、消火剤を火ばさみ(トング)で挟んだキッチンペーパーで取り除きます。

訓練に使用する粉末消火器は必ず外観点検を行いましょう。
本体に錆があるものは、内部の圧力で破裂し、重大事故が起こる可能性があるので、使用しないようにしましょう。

バケツリレー

STEP
概要

火災が起きたときに、火元が狭い場所で消防車が入れないところや、火元から水源が遠い時などの消火方法として行うバケツリレーを訓練します。

この訓練は災害時に協力し合うことの大切さを学べるところが利点です

STEP
準備するもの
  • 水源(水槽やプールなど) 1つ
  • 的 1セット(競技時は2セット)
  • バケツ 多数(10個以上)
STEP
訓練方法
  1. 競技形式
    バケツリレーを2チーム同時に行い競争する方法です。
    的を工夫して楽しめる内容にすると良いですね。
  2. 並び方を工夫して行いましょう。
    ・一列に並んで行う一列リレー。一列に並び、水源から的までバケツをリレーします。
    ・一人ずつ交互に向かい合わせに並ぶ千鳥リレー。お互いに相手の背中側が見えるので安全を確認しながらリレーを行うことができます。
    ・人数が多い場合に行うと良い二列リレー。
  3. 水の代わりにボールを使うと室内でも行うことが可能です。

起震車体験

STEP
概要

地震の揺れを体験することができ、災害を身近に感じることができる起震車体験です。
震度を設定して揺らすだけでなく、過去の地震の揺れを体験することもできます。

STEP
起震車(地震体験車)の準備

起震車は、各自治体の消防署等に事前に申込み、防災訓練に来てもらうことができます。
起震車の台数に限りがあり抽選になることがあるため、その年度の申込み期日までに申し込みましょう。

STEP
進め方
  1. 地震についての説明を行います。
    消防職員が起震車についての説明を含めてお話ししてくれます。
  2. 4人ずつ順番に起震車に乗り、地震を体験します。

過去に地震を体験された方など、揺れに敏感な方は無理に体験させないように気遣いましょう。

室内で行う訓練

AED体験講習

心肺蘇生法・AED訓練

STEP
概要

心肺蘇生法は急病人やけが人が出たときに、救急車が到着するまでの間その場に居合わせた人が行うことが出来れば、傷病者の救命率がアップします。
いざという時に落ち着いて行えるように、訓練しておく必要があります。

STEP
準備するもの
  • 蘇生訓練用人形
  • 訓練用AED
  • 人工呼吸用マウスピース
  • 消毒用ウェットティッシュ

訓練用AEDのセットは消防署で借りることができます

STEP
進め方
  1. 参加者を順番に実技ができる人数に班分けします。
  2. 心肺蘇生法とAEDの取扱いについて、指導員から説明を行います。
  3. 手順に沿ってAEDを使った心肺蘇生法を行います。

訓練は指導員の指導の下行いましょう。

怪我の手当て

STEP
概要

災害時などにけが人が出たとき、外傷に対し応急処置を行うことができるよう行う訓練です。
三角巾の様々な状況に応じた扱い方を学びます。

STEP
準備するもの
  • 三角巾 参加人数分
STEP
進め方
  1. 防災士や防災リーダーの指導の下、たたみ三角巾の作り方を実践します。
  2. 三角巾のいろいろな使い方を実践します。

その他にもおすすめの訓練を紹介

ユズ先生

他にも楽しみながらできる防災訓練はたくさんありますよ

イザ!カエルキャラバン!

「イザ!カエルキャラバン!」とは、「かえっこバザール」というおもちゃの交換会と、地域の防災訓練を組み合わせた防災イベントで、子ども達が楽しみながら防災の知識を身につけることができる活動です。

STEP
いらなくなったおもちゃと防災体験でカエルポイントをゲット!

遊ばなくなったおもちゃを持って行くと「カエルポイント」をゲットできます。
防災訓練に参加することでも「カエルポイント」がもらえます。

STEP
カエルポイントで好きなおもちゃをゲット!

もらった「カエルポイント」は、ほかの人が持ち寄ったおもちゃと交換できます。

STEP
オークションでもおもちゃをゲット!

イベントの最後には、特別なおもちゃのオークションを開催されます。
貯めたポイントでレアなおもちゃを落札しましょう。

参考:イザ!カエルキャラバン!公式サイト

シェイクアウト訓練

2008年にアメリカで始まった地震に備える訓練です。

突然起こる地震の揺れから身を守るための安全行動「まず低く・頭を守り・動かない」を、決められた同日同時刻に参加者全員がそのときいる場所で一斉に実施する訓練です。

地震が発生したとき、実際はどこにいるかわかりません。
家の中や、学校、職場、もしかしたら、ショッピング中だったり旅行中かもしれません。

その時に、とっさに自分の身を守る行動ができるようにする訓練です。

参考:日本シェイクアウト提唱会議

DIG(災害図上訓練)

DIG(ディグ)とは、参加者が地図を使って防災対策を検討する図上訓練です。

Disaster(災害)
Imagination(想像力)
Game(ゲーム)

DIGには、「災害を理解する」「まちを探求する」「防災意識を掘り起こす」という意味も込められています。

参考:内閣府防災情報のページ

HUG(避難所運営訓練)

避難所HUG」は、カードを使って避難所の運営を模擬体験するゲームです。

Hinanzyo(避難所)
Unei(運営)
Game(ゲーム)

避難所運営ゲームの頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味から、避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けられました。

開発元: HUGのわ

詳しくはこちらの記事で解説しています↓↓↓

防災キャンプ

防災キャンプとは、実際の避難所や野外などに泊まり、ライフラインがストップした状態を想定した避難所生活を体験しながら、ゲームをしながら楽しく防災を学ぶ体験型訓練です。

不便な状況で、お互いに知恵を出し合ったり、助け合ったりしながら地域の親睦を深めながら、実際の状況を体験できるのでとても有意義な訓練です。

参考:宝塚市公式ホームページ

防災教育コンテンツの紹介

ユズ先生

防災教育に役立つゲームや教材を紹介しますね

防災ゲーム

その他の防災教材

まとめ:楽しみながら行える防災訓練を

ニッカ

いろんな訓練方法があるね

ユズ先生

楽しみながらやれる訓練だと沢山の人に参加してもらえて良いですね

いざという時に備えて行う防災訓練ですが、訓練を通じて地域の人と交流でき、それが共助へと繋がります。

子供も一緒に参加できる内容にして、運動会や夏祭りなどの地域行事と一緒に行うのもおすすめです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ニッカのアバター ニッカ 日本防災士機構認定防災士

阪神淡路大震災を18歳で経験。
2017年から防災士として地域で活動しながら、人とのつながりの輪を広げています。
日常で常に防災を意識し、生活に根差した防災を目指し、日々模索中。

目次
閉じる