線状降水帯とは?|発生原因と気象庁の注意情報運用開始について

線状降水帯とは
ニッカ

今年の夏は雨が多いらしいよ
去年も被害が出たけど、豪雨には気を付けないといけないね。

ユズ先生

集中豪雨の原因となる「線状降水帯」の発生を知らせる取組みが始まりますね

最近、テレビなどでもよく耳にするようになった「線状降水帯」は、いったいどんな現象なんでしょうか。

この記事では、線状降水帯について詳しく解説します(=゚ω゚)ノ

この記事でわかること
  1. 線状降水帯のメカニズムと発生原因
  2. 線状降水帯が発生時に注意情報が発令されることになりました
  3. 線状降水帯が話題になりはじめたのはいつごろか
  4. 線状降水帯の予測が困難な理由
目次

線状降水帯とは

線状降水帯」とは、集中豪雨を降らせる積乱雲が、上空の風によって同じ場所に流れ着き、列状に長く連なった状態のことを言います。

積乱雲は狭い範囲に数時間にわたって集中豪雨を降らせる雲ですが、線状降水帯は、その積乱雲が連なって長時間にわたって同じところへ集中豪雨を降らせるので、災害が起きる原因になります。

「線状降水帯」発生時に注意情報発令へ

気象庁と国土交通省は「線状降水帯」ができたことを確認した場合に発令する気象情報の運用を、6月17日から始めると発表しました。

この気象情報の名称は「顕著な大雨に関する気象情報」で、全国20カ所にある気象レーダーで雨量を観測し、「3時間前からの積算雨量100mm以上の面積が500平方km」などの条件を満たした場合に、注意情報がホームページなどで発表されます。

顕著な大雨に関する情報の発表基準
1.【雨量】 解析雨量(5kmメッシュ)において前3時間積算降水量が100mm以上の分布域の面積が500km2以上

2.【雨量】 1.の形状が線状(長軸・短軸比2.5以上)

3.【雨量】 1.の領域内の最大値が150mm以上

4.【危険度】大雨警報(土砂災害)の危険度分布において土砂災害警戒情報の基準を実況で超過(かつ大雨特別警報の土壌雨量指数基準値への到達割合8割以上)又は洪水警報の危険度分布において警報基準を大きく超過した基準を実況で超過

※ 上記1~4すべての条件を満たした場合に発表する。

※ 再度基準を超過したときに情報発表を抑止する期間は3時間とする。

※ 運用開始後も、利用者からの意見も踏まえつつ、必要に応じて発表条件の見直し、精度検証を実施するとともに、情報の意味の周知徹底・利活用促進を図りながら、継続的に情報改善に努める。

引用:気象庁資料より

線状降水帯は近年の豪雨災害の一因となっていて、昨年2020年では7月の未明から朝にかけて降った雨が、熊本県や鹿児島県では数年に一度の大雨で、線状降水帯による豪雨になり、熊本県の球磨川の氾濫によって浸水や土砂崩れが起こるなどの甚大な被害がありました。

今後もこのような被害が起こりうるということで、危機意識を高めるために活用するそうです。

長時間にわたって大雨を降らせる線状降水帯のメカニズム

線状降水帯が発生するしくみ
線状降水帯が発生するしくみ

積乱雲が複数発生し続ける現象が「バックビルディング(後方形成)」です。
上図はバックビルディングによって線状降水帯が作られていく様子です。

せまい範囲に長時間にわたって大雨を降らせる集中豪雨の原因である積乱雲が、上空の風によって風下へ押し流されていき、上図のように連なったようになります。

積乱雲から発生した下降気流から出た冷たい空気が地面とぶつかって広がり、その冷たい空気が地上の暖かい空気を押し上げ上昇気流が生まれ、風上側へ新しい積乱雲を生み出します。
そして、その積乱雲も風下へ流され、同じ現象が繰り返されていきます。

その現象によって、積乱雲の列がつくられていき、線状降水帯へとなっていくのです。

この原理から、線状降水帯の状態が長時間維持され、集中豪雨が同じ場所に振り続けるため、甚大な被害を及ぼすことになり、非常に危険です。

予報用語における「線状降水帯」の定義
次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50~300km程度、幅20~50km程度の強い降水をともなう雨域。

引用:気象庁資料より

線状降水帯はいつから話題になりはじめたか

今では、頻繁に用いられるようになった線状降水帯ですが、いつから話題になりはじめたのでしょうか。

それは、2014年に広島市で発生した土砂災害の「平成26年8月豪雨」以降だと言われています。

平成26年8月豪雨とは
平成26年7月31日から8月11日にかけて日本列島に接近した、台風11号と12号の影響で8月5日から26日にかけて、前線が日本付近に停滞するなど、全国各地で連日大雨となりました。
広島市では、8月19日夜から20日朝にかけての豪雨により土石流が発生し、74名もの方が亡くなるなど甚大な被害となった災害です。

なぜ線状降水帯は気象庁でも予測が困難?

線状降水帯について

規模が大きな台風と違って、線状降水帯は気象庁でもあらかじめ予測することが難しいとされています。

その理由は、せまい範囲に豪雨をもたらす積乱雲が突発的に線状降水帯へと発達していくため、実際に発生するまでは存在を確認することができないからです。

また、線状降水帯に関する情報の発表基準に到達しても、雨雲が急速に衰弱して重大な災害が発生しないケースもあるそうです。

しかし、気象庁は住民が避難することが可能な半日前までに、線状降水帯の発生予測が正確にできるよう、スーパーコンピューターや気象衛星の最新技術を駆使して、予測技術の制度向上を目指していくというとこなので、今後に期待したいと思います。

まとめ:豪雨災害には日ごろからの備えが大事

ニッカ

線状降水帯は台風と違って予測できないんだね

ユズ先生

豪雨が長時間にわたて降り続けるから充分気を付けないといけないですね

以上が、線状降水帯のメカニズムなどをお話ししましたが、急に発達した積乱雲によってできた線状降水帯は、短い時間に激しい雨が極地的に振るゲリラ豪雨と違い、長い時間にわたって豪雨をもたらすため、非常に危険です。

もし、発生した場合、速やかに安全な場所へ避難できる準備を日ごろからしておきましょう(*´ω`*)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ニッカのアバター ニッカ 日本防災士機構認定防災士

阪神淡路大震災を18歳で経験。
2017年から防災士として地域で活動しながら、人とのつながりの輪を広げています。
日常で常に防災を意識し、生活に根差した防災を目指し、日々模索中。

目次
閉じる