災害に備える|地震や台風・大雨に備えて日ごろからできること

日ごろから備える
ニッカ

災害はいつ起こるかわからないよね~

ユズ先生

だからこそ!
日頃からの備えがとっても大事なのですよ♪

地震や大雨、台風などいつ起こるかわからない災害。
普段からの心構えと、備えが大事です。

この記事では、災害から身を守るための普段の備えをご紹介します(=゚ω゚)ノ

この記事でわかること
  1. 防災について日ごろから家族で話し合うのが大事
  2. 緊急避難場所と避難所を確認しておくことが大事
  3. 備蓄と持ち出し品を準備しておくことが大事
目次

災害に備えて日ごろからできること

ユズ先生

日ごろから家族で防災について話し合っておくことが大事ですよ

防災について考えてみる

突然起きる災害について、どんな災害が起こりうるのか、考えてみましょう。

住んでいる地域の危険性を確認

住んでいる地域の、土砂災害、洪水、津波などの危険性を、ハザードマップ(参考:ハザードマップポータルサイト)で確認しましょう。

ハザードマップとは、地震や風水害など自然災害による被害を予測し、被害の範囲を地図に示したものです。
住んでいる地域のハザードマップを確認しておくことで、災害時に危険箇所を避けながら避難することができます。

災害が発生したら、どんなことが起こるのかをイメージしてみる

洪水や床下浸水


洪水や床下浸水

地震などによる落下物

地震などによる落下物

津波



津波

家族で防災について話し合う

家族で防災について語り合い、避難場所避難経路連絡方法などのルールを決めておきましょう。

災害に備えて家族で事前に話し合うことはとても大切です。
話し合うテーマとしては、災害時の連絡方法や避難場所の確認、家の中の危険な場所、役割分担などを話し合うと良いですね。

特に、家族が離れ離れのときに災害が起きた場合の連絡方法や、避難場所を確認して決めておくことは大切です。
あわせてNTTの「災害用伝言ダイヤル171」や、携帯電話各社の「災害用伝言板」などのサービスの使い方を確認しておきましょう。

また、家族にお年寄りや小さい子供がいる場合は、誰がサポートするかを決めておくと良いでしょう。

災害用伝言ダイヤル171

◆ 伝言の録音方法

  1. 171 → 1 → 自宅電話番号を市外局番から入力
  2. 伝言を入れる

◆ 伝言の再生方法

  1. 171→2→安否確認したい被災者の自宅電話番号を市外局番から入力
  2. 伝言を聞く

※伝言は48時間保存されます

携帯電話災害用伝言板

◆ 伝言の残し方

  1. トップメニューから災害用伝言板を開く
  2. 登録を選択し、伝言を入力

◆ 伝言の確認方法

  1. トップメニューから災害用伝言板を開く
  2. 確認を洗濯し、安否確認したい被災者の携帯電話番号を入力
  3. 伝言を見る

※伝言は72時間保存されます

情報をキャッチする習慣を

洪水や土砂災害が発生するのは、台風の通過や前線の停滞による大雨や暴風などが原因です。
普段から気象情報をチェックするようにしましょう。

台風や気象情報などを日ごろからチェック

「警報・注意報」「雨量・水位」「避難情報」「避難所開設情報」などの防災情報を日ごろからチェックするようにしましょう。

複数の方法で情報をキャッチ

テレビ、ラジオ、スマホや携帯電話、防災行政無線など、情報を収集する方法はさまざまです。
災害の影響で停電する可能性もあるので、複数の方法で情報をキャッチできるよう、事前に準備しておくことが大切です。

緊急避難場所と避難所を確認しておきましょう

避難所の確認

指定緊急避難所を確認

事前に、指定緊急避難場所を確認しておきましょう。
国土交通省国土地理院」で検索することができます。

指定緊急避難場所とは、災害の危険から命を守るために緊急的に避難する場所です。

引用:国土交通省国土地理院

指定緊急避難場所と指定避難所の違い

指定緊急避難場所は、津波、洪水等、災害による危険が切迫した状況において、住民等の生命の安全の確保を目的として住民等が緊急に避難する際の避難先として位置付けるものですが、指定避難所は、災害の危険性があり避難した住民等が、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在し、または災害により自宅へ戻れなくなった住民等が一時的に滞在することを目的とした施設です。

引用:国土交通省国土地理院

指定避難所は、各自治体のホームページで確認することができます。

家庭内防災に取り組もう

家族

地震に強い家づくり、部屋づくりをしよう

耐震診断や耐震補強を行い、地震に強い家づくりをしましょう。

台風や地震などで窓ガラスが割れたときに、ガラスが飛び散らないよう、窓ガラスへ飛散防止フィルムを貼るなどの対処をしておきましょう。

また、地震で家具が転倒しないよう、転倒防止のストッパーやポールなどを設置しておきましょう。

宅地を点検し、側溝の清掃等できることから改善しよう

災害時に危険を減らすために、以下のことを日ごろからチェックしておくことが大切です。

◆ 雨どいや側溝などの排水設備が壊れていたり、ゴミが詰まってしまっていないか
◆ 擁壁に亀裂やふくらみ等の変形がないか
◆ 土砂や石が落ちてきたり、崩れそうな斜面がないか

参考:国土交通省HP
我が家の擁壁チェックシート
我が家の宅地安全マニュアル

家庭内備蓄・非常持ち出し品を準備しておく

ユズ先生

備蓄と非常持ち出し品を日ごろからきちんと準備しておきましょう

救援物資が届くまでの備蓄を準備

  • 最低でも3日分、できれば7日分
  • 飲料水は、1人1日3リットルが目安
  • ローリングストック法を活用

非常持ち出し品を用意しておく

避難する際に持ち出す持ち出し袋を用意しておきましょう。

  • 1人ひとつ、両手があくリュックサックで
  • 持ち出し品は、持って歩ける量だけ入れる
  • チェックリストを活用して、定期的に点検をする

まとめ:日ごろの心構えと準備が命を守ります

ニッカ

日ごろから災害に備えることってこんなにあるんだね

ユズ先生

まずは、防災について家族でしっかり話し合うことが大事ですよ

防災・減災には、日ごろの心構えと準備が不可欠です。

災害に関する適切な知識、災害から身を守る手段を家族で学んでおくことが大切ですね(*´ω`*)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ニッカのアバター ニッカ 日本防災士機構認定防災士

阪神淡路大震災を18歳で経験。
2017年から防災士として地域で活動しながら、人とのつながりの輪を広げています。
日常で常に防災を意識し、生活に根差した防災を目指し、日々模索中。

目次
閉じる